PROFILE  ART WORKS  ART PROJECT  Artist Page in Facebook
HIKARI  METEOR  OTHER WORKS  EXHIBITION  BOOKS  DRAWING

METEOR/メテオ


Concept

[FRENCH]
La France qui dispose de l'arme atomique est l'un des pays possédant le plus de centrales nucléaires sur son territoire. Je veux réaliser en France des œuvres qui la relieront au Japon à travers l'énergie nucléaire en utilisant des grues en papier. Mon grand-père est l'une des victimes irradiées de la bombe atomique de Hiroshima. Cet événement a fait que je suis très concerné par la bombe atomique et ai commencé à réaliser des œuvres artistiques. Cette œuvre utilise la grue en papier, symbole du repos des âmes au Japon. La grue en papier est faite en Origami, un art traditionnel japonais. Beaucoup de japonais ont pour habitude de déposer une grue en papier sur le lieu de l'explosion de la bombe à Hiroshima et Nagazaki.

Je me permets de brûler l'une de ces grues en papier et de créer une œuvre étendue sur tout un mur. Je pense que les flammes émanant de la grue sont un bon moyen pour transmettre à travers le temps le cœur de celles et ceux morts suite à l'explosion. Cette œuvre a provoqué beaucoup de réactions au Japon.

Une grue en papier est brûlée et photographiée à l'aide d'un appareil photo argentique. « L'enregistrement » de la bombe atomique est rappelé puis sublimé dans la « mémoire » en laissant une trace sur la pellicule. L'œuvre est composée d'une centaine de ces photos pour couvrir tout le champ de vision de grue en feu.

sumi-takeshi

sumi-takeshi

[JAPANESE]
私は祖父が広島の原爆の被爆者。 そのことから原爆に対して強い関心を持ち、作品を制作してきた。作品は日本で鎮魂の象徴である折り鶴を使用している。折り鶴は日本の伝統的な玩具である折り紙で出来た紙の鶴。原爆の投下場所である広島や長崎で折り鶴を捧げることが多くの日本人の習慣となっている。
私はそうした折り鶴をあえて燃やし、壁一面貼る作品を制作する。私は折り鶴の炎は原爆で亡くなった方々の心を時間を超えて人々に伝えるのに適したものだと考えているからだ。

メテオというタイトルは「隕石」「流星」という意味から名づけた。原爆を人がつくり出した隕石と捉えてのことだ。
私の祖父は目が悪かったので、戦時中は呉の海軍造船所で戦艦大和などの建設に携わっていた。しかし、戦局が悪化した45年の8月ついに南方に出征することになり、朝プラットフォームから広島行きの電車を待っていた時に原爆に遭遇した。祖父は私が小学校の頃に亡くなったので、もう会うことは出来ないが、この作品を通して、60年前の祖父がみた世界と繋がりたいと考えた。

作品は折り鶴の炎と灰の写真で構成されている。折り鶴は原爆が落ちた直後から現在まで、鎮魂の手段として捧げられ続けている。そこには今いる人と過去にいた人を繋ぐ「鎹(かすがい)」としての役割と意味付けがあるとした。
折り鶴の炎について私はこう考えている。祖父は原爆の光を「大きな花火のようだった」と形容していた。原爆の光を地上から捉えた写真は存在していない。
そこに記録の空白がある。
その空白を空白だからこそ60年後のいまから埋め合わせることが出来るのではないかと捉えた。折り鶴の炎は原爆の光を追いかけるものであり、その光の色は見る人それぞれに違なると思う。
また、灰についてはこう考えている。灰は折り鶴を燃やした灰。人間であれ、なんであれ、生き物は灰に還元される。しかしだからといって全てが均一に「リセット」されるのではなく、存在はつづくのだということを証明したく作成した。常に私の中には『死んだら終わり』というものへの抗いが潜んでいる。この作品もその抗いの一つなのかもしれない。

sumi-takeshi

sumi-takeshi

sumi-takeshi

Collaboration with the dance



[Concept(FRENCH)]
Collaboration avec le danseur traditionnel Kozo NONISHI. La danse sur le lieu d'exposition apporte une nouvelle dimension à celle-ci. En France, j'aimerais travailler avec différents artistes comme des danseurs (danse contemporaine, etc.) ou des musiciens.

[Concept(JAPANESE)]
日本で活動する日本舞踊家の野西晃造氏とのコラボレーション。展示空間での踊りは新たな価値をつくり出す。私はこの作品の空間でダンスや身体表現・音 楽など様々なアーティストとのコラボレーションを行うことでより多面的な価値をつくり出したいと考えている。
©Takeshi SUMI All rights reserved.