PROFILE  ART WORKS  ART PROJECT  Artist Page in Facebook
HIKARI  METEOR  OTHER WORKS  EXHIBITION  BOOKS  DRAWING

HIKARI(LIGHT)/光



Concept


[ENGLISH]

A photograph is a "document"

To "document" is, in other words, to "stop the flow of time".
Usually, we cannot intervene in this process.

But I dare approach photography as a "fixed document" from the present moment.
It may be because of my Japanese background that I do so.
We the Japanese long for continuity and succession:
the Buddhist concept of "metempsychosis".
Earthquakes, typhoons and wars had been threatening the stability of our material world. Man, who lives on air and swims in emptiness, is fated to fade away like a bubble. For his ephemerality, I love him. That is why I try to reach for it.

The shining "blank space" in my photographs.
We cannot recognize what exists there.
But, you will find "something" there as long as you are living.
And, I believe, that "something" should depend on the beholder.

Take the blank space on faces on a photograph.
For their presence, we are free to imagine how those faces would have looked like. At this very moment, that shining blank space on the photo will be freed from the limited role of documentation.
I, as a present being, will be able to slide into the image which captures a past moment.

It would be impossible to change what happened in the past.
But I would leave the image of the past to somebody now and here.

This encourages me to keep on taking photographs


[JAPANESE]

写真は「記録」。

「記録」は別の言い方をすれば「時を固定する」ということになる。
私たちは通常、そこに介入することはできない。

しかし私はあえて「固定された記録」である写真に現在から、それ自体にアプローチしたいと考えた。そこには命が「輪廻」するという仏教の思想や、地震や台風、戦争で物質的な継続が困難なゆえに天皇制に代表される継続を欲する日本という場所で育ったことがバックグラウンドにあるのかもしれない。

私の写真には光り輝く「空白」が存在する。
輝く部分はそこに何が存在しているのか分からなくなるという意味で、記録の破壊だ。

例えば顔の部分。我々はその輝く部分にどういった顔があったのか自由に想像を働かせる事ができる。言い換えれば写真の輝く部分は「記録」から自由になる。「今の」私がそこに介入する事ができる。その意味でこの空白(光り輝いている部分)は「破壊」ではなく「創造の土台」なのだ。

過去にあった事は変えることはできない。 しかしその過去の映った世界は今在る存在の手に委ねたい。

その為に私は作品をつくりつづけていきたい。


Target motif/表現の対象

写真に光を透す行為は、モチーフを自分自身の祖父母の写真から、他者の記憶、そして現在の人間の姿や都市という集合体へと展示・個展を通して変化させている。そこには光を透して発生する「空白」の意味の拡張と深化がある。

【1】Family/家族
写真に光を透すことは、 手が届かないのに手を伸ばし続ける行為に似ている気がする。 亡くなった祖父母の家から見つかった古いアルバムの写真。 そのアルバムにあった多くの人たちを私は知らない。しかしその「名も知らない」存在がいるからこそ私という存在が存在し得たというのは事実としてあることだ。光を透すことで、「記録」となろうとする存在に「記憶」にたぐり寄せれる気がした。

sumi-takeshi

sumi-takeshi

sumi-takeshi


【2】People other than my family/他者の記憶と鑑賞者の世界とのリンク
光った結果の作品ではなく、観る人が光の加減や場所を選択できるようにする。また、写真の対象を自分ではない他者の過去のアルバムから導入した。自分の記憶の部分から、より普遍的なもの、より観る人間の裁量を広げたいと考えた。





【3】Social and urban/都市と社会
東京という歴史においても人間の繋がりにおいても断ち切られた場所。そこのスナップに光を透すことで「努力して何者かになろうとする程、何者にもなれない」という匿名性の極地である都市や社会に観る人間の存在を挿入できるようにした。

sumi-takeshi

sumi-takeshi

sumi-takeshi



©Takeshi SUMI All rights reserved.